FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑥フランス 3日目

今回、訪れて見たかった場所②
コルビジェのフェルミ二の教会。

当時の市長さんと意気投合し、‘フェルミ二 ベール’(緑のフェルミ二)計画をするも、
青年館が完成後、市長さんは辞任。

青年館

教会は建設費の高騰から、何度も高さを変えて設計変更するも実現せず、
コルビジェも亡くなってしまいます。
その後、根強いコルビジェのファンのおかげで、没後40年目に完成しました。

サフェルミンの教会

本当は内部を見ないと意味がないのですが、残念ながら時間がありません。
また、次回。

その後、せっかく持参してきたドローンを飛ばそうと郊外の丘に向かうと予想外の風。
立ち尽くして飛ばそうか思案していると、

土煙を上げながら1台の車が近づき立っている私に横付け。

窓から身を乗り出したのは、
口髭がとても似合っているイケメン。ナイスガイ。
同性ながら青く大きな眼、彫刻的な美しい顔に見とれてしまう。

「この道は工事の為、閉鎖されたんだ。
出ていくなら、俺が封鎖を開けるよ!」

あまりの爽やかさに、どもってしまった。
「oh! OK! 行くよ!」

と答えると、

なんと自然に、ウィンクをしてきたよ。このナイスガイは。

生まれて初めてウインクされちゃったよ。
しかも、男に。
フランスのイケメン男に。

あまりの自然さに、この東洋人はなんのリアクションもとれずに、只々呆然と見つめ返すばかり。。。。

次に立ち寄ったのは大学の教科書の白黒写真が魅力的だったアルビ
アルビ大聖堂

授業では、歴史的にそれ程価値は無いと断言され、
今まで足が向かなかった。
アルビ大聖堂

丘の上の教会は威風堂々として、
街全体が川を下っているように見える。
アルビの街

その後、情報不足の為、以前訪れたゴルドに立ち寄ることに。

変換-~-DSC_1654大きい

フリューゲル(父)のバベルの塔を彷彿とさせる天空の街

ゴルド

坂道も魅力的

今度こそドローンを飛ばそうと、郊外の農場に向かうと、
突然のにわか雨。
これは、虹が出ると直感し、大雨の中、タイヤを滑らせる勢いで街に戻りました。

虹のゴルド
この美しさは生涯、忘れることはないでしょう。

夕焼けのゴルド
やがて虹も消が消えると、 街と上空の雲が夕焼けに染まりました。

街の明かりが灯るまで見続けました。
ゴルドのスケッチ
前に訪れた時のスケッチ

さて、これから一気にピレネーの山麓まで行こうと思いましたが、
ここで問題。

フランスのガソリンスタンドは無人が多く、それは、日本の飲み物自動販売機の様です。
しかも、現金が使えない。
そして、クレカはICチップが無いと受け付けない。。。

今回、CITY、セゾン、ビザの3枚もっていったのですが、唯一ICチップがあったクレカは、
PINコードを忘れてしまった。。。。というか、普段使ったことが無い。。

100km走って、数か所のガスステーショに入るものの、すべてカードを受け付けず、
無人なので対処のしようがない。
諦めて、トゥールーズの近くで就寝
翌日、街中の有人ステーションで事なきを得ました。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cerracriz

Author:cerracriz
建築の設計をしています。
家は日本の真ん中あたり。

旅行、車、山登り、ドローン、ウィンタースポーツ、海、犬猫、フルートが好きです。

2019年3月までは仕事で東京に仮住まい。
2019年8月までは茨城県に仮住まい予定。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。